FC2ブログ

群馬県中之条町 チャツボミゴケ公園 散策

2017-09-10 群馬県中之条町 チャツボミゴケ公園 散策 1時間10分 晴れ
日曜日、思い立ってチャツボミゴケ公園に行きました。草津温泉の近くにあります。

管理事務所で一人500円を支払い、車で1㎞先の駐車場に進む。駐車場は混雑している。トラピックの観光バスが2台停まっている

景観の美しい「穴地獄」までは300m徒歩10分。遊歩道を、元山川の流れに沿って上っていく。

途中、むき出しになった褐鉄鉱を眺め、現在も鉄鉱石が生産されていると言う展望スポットを見る。流れの中の石はすでにチャツボミゴケで覆われている。

穴地獄の周りは木道になっている。かすかに硫黄のにおいがする。強酸性(ph2.8)の鉱泉が噴出しているとのこと。水の流れは白い。硫黄が沈殿しているようだ。

木道を歩く。棚田のように青々として美しい。

近くのモリアオガエル・黒サンショウウオ繁殖池をちらりと眺める。

パンフレットによると、
ここは昭和41年(1966年)まで日本鋼管の露天掘り鉱山群馬鉄山だったところで、その後は日本鋼管の保養所として管理されていたため、自然がそっくり残っているとのこと。

2012年に中之条町に無償譲渡され、現在はチャツボミゴケ公園になっています。

検索してみると、
群馬鉄山の鉄は、第四紀から酸性度の高い水と、鉄バクテリアとチャツボミゴケが生える環境の中で、水に含まれる、あるいは溶け出している鉄が堆積、沈殿してできていったもの。

チャツボミゴケは、pH2.~4.6までの強酸性火山水域に生育し、世界中の蘚苔類18000種の中でも最も耐酸性の強い特異な苔。

pHが2.5は、人の胃液と同じ酸性濃度(空腹時1~2;食後4~5)で、ほとんど生物が生きられない。

そして、
世界の大規模な褐鉄鉱による鉄鉱床は、長年にわたる鉄バクテリアの活動により生成されたものが多い。

六合のチャツボミゴケは、2017年2月9日に「六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地」として国の天然記念物に指定されました。

褐鉄鉱
<6847>

チャツボミゴケ
<6865>


チャツボミゴケ
<6867>

写真は、クリックすると大きく見られます。


もう少し歩こうと・・・

追記に誘導

(動画あり)

水池まで往復しました。穴地獄から徒歩20分です。ここからのハイキングコースもいくつかあるようで、身支度をしたグループとすれ違いました。

水池は蚊が多かったよ。びっくりしてここまでにしました。

場所は→軽井沢にて チャツボミゴケ公園




圧倒されました。

歩数 6279歩

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 群馬県中之条町 チャツボミゴケ公園 散策

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (6)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR