北海道 猿払公園 散策

2017-06-03 北海道 猿払公園 散策 30分 曇りのち雨
土曜日、「じっくりめぐる利尻島・礼文島4日間」ツアーの4日目最終日です。泊まったホテルは「ホテルさるふつ」です。道の駅に隣接しています。

5時に部屋の目覚ましアラームが鳴りました。前に泊まった人がセットしていたものと思われます。窓の外を見ると雨が降っていません。

起きて海岸を散策しました。寒いです。

さるふつ公園(道の駅)周辺の海岸には、
ホタテの化石(約4000万年前のホタテの集団化石)
北海道を命名した松浦武四郎の「松浦武四郎宿営の地 史跡表示板」
インディギルカ号慰霊碑
インディギルカ号(ロシア語:Индигиркаインヂギールカ)は、旧ソビエト連邦の貨客船。1939年12月12日の未明、北海道猿払村浜鬼志別沖合で座礁、沈没。

いさりの碑
 猿払村の漁業はかつて、資源枯渇による苦難の時代を経験しました。しかし、漁場造成や孵化・放流・育成事業など、漁業者と村が一体となって資源管理型漁業への転換に力を注ぎ、豊かなオホーツクの漁業を再び取り戻しました。
 猿払の海を拓いた多くの先人の苦労と偉業を偲び、建てられ
たのが「いさりの碑」です。


牧場のそばには、
風雪の塔が建っています

そして、クロユリの花壇がありました。

松浦武四郎
<6130-6131>

ホタテの化石
<6133>


いさりの碑
<6136-6135>

写真は、クリックすると大きく見られます。


ホタテで有名です・・・

追記に誘導

(動画あり)

他の産地との違いは稚貝を直播し、区域を5つに分けて5年物を収穫するとのこと。
オホーツク海は豊かな海。

場所は→北海道 さるふつ公園



とにかく寒かったです。
ホテルで干しホタテを購入しました。使いきれるか少し不安。

参考まで:
猿払村(さるふつむら)は、北海道宗谷地方北部に位置する村である。 北海道を代表するホタテの水揚げ地として有名。

村名の由来は、アイヌ語の「サラ・プツ(葦原の河口)」から。


猿払村のホームページは
→こちら

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 北海道 猿払公園 ホタテ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (4)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR