府中市郷土の森博物館 梅まつり

2017-02-06 府中市郷土の森博物館 梅まつり 2時間30分 晴れのち曇り
月曜日の午前中、府中市郷土の森博物館に行き、梅まつりを楽しみました。今日からはハケの茶屋で、先着100名に葛湯サービスがあります。

配布された梅まつりマップを手に歩きます。

品種により、日当たりにより、また個体差にもより、開花状況が異なるように見受けられます。

遊歩道沿いにたくさん植えられた「白加賀」はつぼみが膨らみ少し咲いているものもあります。

早咲きのものは見ごろを迎えています。前回来た時に満開であった紅梅は盛りを過ぎています。ロウバイも少し色あせて。

園内に散らばったいくつもの梅園では、白梅・紅梅が初々しく咲きそろっています。青空に梅の花が映えます。約60種1100本とのこと。

咲いていたのは、
白滝枝垂れ、玉梅(タマウメ)、藤牡丹枝垂(フジボタンシダレ)、小梅(コウメ)、大和牡丹(ヤマトボタン)、鹿児島紅梅(カゴシマコウバイ)、雛曇(ヒナグモリ:紅梅性)、月影(ツキカゲ)、塒出錦(トヤデニシキ)、月影枝垂(ツキカゲシダレ)、野梅(ヤバイ)、唐梅(トウバイ)、小向(コムカイ)、八重野梅(ヤエヤバイ)、佐橋紅(サハイコウ)、八重寒紅(ヤエカンコウ)、鶯宿(トウシュク)、白牡丹(ハクボタン)

ネットで調べました。

梅は品種が多く300種以上

花の鑑賞を目的とする「花梅(はなうめ)」と実の採取を目的とする「実梅(みうめ)」に分けられる。さらに花梅は「3系9性」に分類される。
実を楽しむ実梅でも、美しい花を楽しむことができる。

花梅:

野梅系
  野梅性 枝は細かく密、短枝は刺状、葉は小さく軟毛、鼻は中輪で白色
  紅筆性 蕾の先と花弁の先が紅色
  難波性 葉がやや丸い、花は白色
  青軸性 枝がやや太く、若い枝、がくは緑色、鼻は青白色

豊後系(杏との雑種と推定)
  豊後性 枝は太く疎性、葉は大きなまる葉で毛がある、花は淡黄色で大輪
  杏性 葉は無毛、秋に紅葉、花は淡紅色で中輪

紅梅系
  紅梅性 枝うちは補足、髄部は紅色、葉柄は濃紅色、花は明るい紅色
  緋梅性 花は濃紅色
  唐梅性 花の色は時間とともに退色し、花弁の脈は明瞭、花はうなだれて咲く 

(「生物誌からのエコロジー」三浦次郎著)

実梅:
 南高(なんこう)、古城(こじろ)、玉梅(たまうめ)、白加賀(しろかが)、
 豊後(ぶんご)、鶯宿(おうしゅく)、月世界(げっせかい)、
 甲州最小(こうしゅうさいしょう)

玉梅(野梅系)
<4131>

藤牡丹枝垂(豊後系)
<4134>


塒出錦(トヤデニシキ)
<4193>

写真は、クリックすると大きく見られます。


たくさんの人がカメラを手に・・・

追記に誘導

(ルートあり、動画あり)

しています。花を追っていくと人の顔が見えません。それほど美しい。

スイセンが咲き、フクジュソウが咲き、水音がしていい気分。


ハケの茶屋
<4121>

フクジュソウ
<4168>


スイセン
<4228>


遺跡
<4233>

まいまいずの井戸
<4235>


ひな人形
<4236>

場所は→国分寺にて 府中市郷土の森博物館







博物館本館で多摩川の鳥たちの展示(多摩川冬鳥の陣)を見て、観光物産館で野菜を購入して帰りました。

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 府中市郷土の森博物館 梅まつり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (5)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR