武蔵村山市 かぶと橋 散策

2016-03-15 武蔵村山市 かぶと橋 散策 1時間30分 晴れ
昨日の雨が上がり良く晴れた火曜日、武蔵村山市のかぶと橋に行ってきました。かたくりの湯(市立公園)の駐車場に車を置いて。

今日の目的は3つ
・そろそろカタクリの花が咲いているかも。
・案内図にあるかぶと橋に行ってみたい。
・村山うどんの玉を買って帰りたい。

 駐車場→市立野山北公園→尾根道→武蔵野の路→かぶと橋→武蔵野の路→ 駐車場

そして、
・カタクリの花はまだ蕾。水芭蕉の花はもう終わり。
・さまよって歩くうちに、中藤公園整備中の看板あり。
・かぶと橋は、カブトムシが飾られたものと知る。
・村山うどんは小平かてうどんのルーツと思われる。


このあたり、市立野山北公園、都立野山北・六道山公園、瑞穂町立六道山公園、埼玉県所沢市のさいたま緑の森博物館が隣り合って、広大な緑のエリアとなっています。

少し広域で見ると、
東京都の水がめ、狭山湖や多摩湖を囲むように、緑地が散らばっているのがわかります。
狭山丘陵とは、
           日本の関東平野西方、埼玉県と東京都の都県境に東西11km、南北4km、総面積約3,500haの規模で広がる丘陵である。周囲は武蔵野台地となっている。
 埼玉県所沢市・入間市から、東京都東村山市・東大和市・武蔵村山市・西多摩郡瑞穂町に跨っている。狭山湖(山口貯水池)・多摩湖(村山貯水池)の水源保護林があったために、広域の里山の環境(景観を含む)が保持されている。




武蔵村山市の歴史は→こちら
           大正時代に「中藤村、横田村、三ツ木村、岸村」が合併して村山村となり、昭和45年に武蔵村山市となる。
 村山の名前は平安時代末期に登場した武蔵七党のひとつ「村山党」に由来し、市制施行時に山形県村山市と同名となるのを避けた。



江戸時代は、→こちら
          砂川村(立川市砂川町)をはじめ、小川村(小平市)、中藤新田(国分寺市)は、村山の人々によって開発されたものです。


野山北公園の河津桜
<0739>

かぶと橋
<0753>


カブトムシ
<0752>

写真は、クリックすると大きく見られます。


散歩道が多数、いずれ歩きたい・・・

追記に誘導

(ルートあり)

武蔵村山市の案内→こちら
 トップ>観光・イベント>歴史
 歩くサイト(2012年で更新が止まっていますが) →こちら

縄文時代の遺跡
<0745>

整備中の中藤公園
<0747>

かぶと橋は→武蔵村山市 かぶと橋 散策
<場所>

ルートは


うどんは帰宅して茹でて洗い、豚汁の味付けを強くしたもの汁にして食べました。糧無しの糧うどん風に。

歩数 7537歩

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 武蔵村山市 かぶと橋 散策

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (4)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR