2015-06-16 小平市 回田町の公園 

2015-06-16 小平市 回田町の公園 1時間 曇り
曇りで日差しのきつくない火曜日、小平市回田町(めぐりたちょう)の公園や緑地に行きました。市役所でもらった「小平市全図}のシティマップを手に、徒歩で。

地図には、昨日行った回田緑地も載っています。

今はあじさいの季節、花を愛でながら出発です。

草花街道公園→(草花街道)→氷川神社→回田のんびり公園→回田緑地→回田けやきの和公園→回田ふじ公園→玉川上水遊歩道→回田わかくさ公園→草花街道公園

何れも児童遊園のような小さな空間です。公園はみんなの広場です。

回田ふじ公園に藤はみあたりません。

このあたりは、少し前まで一面の畑地であったと思われます。今はどんどん宅地化しています。玉川上水遊歩道の緑にほっとしました。

回田わかくさ公園
<1413>

回田けやきの和公園
<1405>


回田のんびり公園
<1400>

写真は、クリックすると大きく見られます。


氷川神社に回田町の歴史が提示されていました・・・

追記に誘導

(動画あり)(ルートあり)

<1391>

回田新田は、狭山丘陵の東南にある廻田村(現東村山市廻田町)を親村とする新田である。その開発に当たっては、幕府に開発願を出して一定区画を割り渡されると言う、一般に行われた手続きを踏まずに、享保11年(1726)野中新田から土地を譲り受けて発足した、武蔵野新田でも変わった開発形式を持つ新田である。初めの頃は、家を造って定着しようとする物など一人もいなかったが、幕府の方針もあり農民の定住が進むと、精神的支柱としての神社建立を要望する声が村民の間に起った。そこで、宝暦5年(1755)新田の有力者である弥兵衛の持地を社地として提供してもらい、本村の氷川明神と稲荷明神の両社の枝宮として勧請したのが、この氷川神社である。
現在の社殿は、安政6年(1859)に再建されたものと言われ、昭和30年代に屋根の吹き替えその他の大改修が行われている。

祭神 素戔嗚命(スサノオノミコト)
祭礼 9月19日
境内地 403平方メートル
本殿 間口 2.7メートル
奥行 1.8メートル
拝殿 間口 4.5メートル
奥行 3.6メートル

氷川神社は→小平市 回田町の公園
<場所>





平坦な2.5㎞の散策です。

時に和む人がいましたが、子供たちの姿はありませんでした。平日の午前中ですし。

取り残しが回田けやき公園、回田第2公園、鈴木小南公園です。これらは少し離れているので、今度自転車で行くつもり。

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 小平市 回田町 公園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (4)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR