国分寺市 祥応寺 児の手柏

2015-01-15 国分寺市 祥応寺 児の手柏 雨
久しぶりにしっかりと雨の降る木曜日の午後、祥応寺に行き「児の手柏」を見てきました。
1726年を祥応寺の引寺再興の時、武蔵国分尼寺跡北側に位置した旧祥應寺にあった二本の樹、現在の地へ移植されたものです。一本は枯れ、残る一本が現存。(国分寺市指定天然記念物)

祥応寺は→こちら

<9450>
<9452>


<9453>


写真は、クリックすると大きく見られます。



場所は→国分寺市 祥応寺 児の手柏
<場所>

所在地は国分寺市本多4-2-2。本多の地名は新田開発を行った国分寺村名主本多三左衛門の子、本多儀右衛門と本多仲右衛門の兄弟から来ていることを知りました。

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 国分寺市 祥応寺 児の手柏 このてがしわ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (4)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR