帰りのチャーター便が遅れました カムチャッカ花物語

2014-07-20 カムチャッカ花物語 帰りのチャーター便が遅れました 晴れ
ヤクーツク航空チャーター便が5時間遅れました。

待合室に到着便の客がいるから、で1時間待ち。
電気系統故障で、冷房の止まった機内で1時間30分待ち。
客室乗務員が黙って飴や水を配っていく。
室温上昇。
一旦降りて、待つようにとのことで空港建物に戻される。
テントは温室のように熱いので外にベンチを出して待つ。

果てしなく待つ。

炭酸水が配られ、不満の声が。

昼食の配給。各種の水の配給追加。

そして、普通の水が欲しかった女性が、普通の水を全て自分のグループに持って行った山登りグループの添乗男性に激しく抗議。「差別するな、あなたが私に水を持ってこい」と。

罪の意識のない男性は謝らない。険悪な空気。「悪かった。でも、そちらも・・・」と言い続ける。一緒にいた女性添乗員は、「炭酸水でない水が欲しかった」と伝わると、言い訳をやめて謝る。

男性は一生懸命働いていた。だから、水を求める女性の言葉を聞き洩らした(聞こえていない)。食事を配るについては全員の世話をした。だから悪いと思っていない。

男性は一生懸命、自分の客のために働いていた。開放された冷房の部屋に自分の客を案内し、他グループの客に知らせなかった。水も同じ。結果、そのグループだけ涼しい部屋で、炭酸抜きの水を独占した。と外にいた人たちに見えた。

こちらは首都圏東京周辺からの客。山登りグループは関西や九州や名古屋の客。地域性の差もある。(車でいえば、鼻先を出さなければ入れてやらない(出せば入れてくれる)大阪と、ウィンカを出せば待ってくれる東京との差)

彼女が言いたかったのは、「自分たちだけのために働くな。非常時には、全体を見て働け」ということだと、理解するのに2日かかった。分かりにくい話し方だったけれど、趣旨や行動はもっともだと思う。そして、最もいけないのはヤクーツク航空だということも。

5時間遅れで16:30に出発した飛行機内では、また同じ軽食が出てくる。エッ、では早すぎるけれど夕食としていただきま~す。

17:00成田着。

入国審査の速さがありがたい。どんどん荷物が出てくるのがうれしい。トイレも食事もサービスも当たり前ではなかった事を知る。

空の上でトラブらなくてよかった。帰りでよかった。無事につけてよかった。


飛行機
<7574>

一回目の機内食
<7576>

写真は、クリックすると大きく見られます。



夏休みが始まった3連休の中日、なかなか宿が取れないので、4時間かけて軽井沢まで走る。夜は運転しないようにしているのだけれど仕方がない。頑張る。首都高も関越も空いていて助かった。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

tag : カムチャッカ花物語 チャーター便 ヤクーツク航空

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (4)
孫 (1)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR