FC2ブログ

東トルコの世界遺産 ハトゥシャシュ

2012-05-22 東トルコ世界遺産 ハトゥシャシュ 晴れ
10の世界遺産を巡るトルコ感動の15日間、6日目です。
カッパドキアを出て、ボアズカレのハットゥシャシュ遺跡を見学し、アンカラに向かいます。

「峡谷の城」という意味のボアズカレ。世界遺産に登録された、ハットシャシュ、ヤズルカヤ、アラジャホユックの3つの遺跡(トルコの首都アンカラより東に145km、海抜1000mほどの丘陵地帯にある遺跡)を訪れる起点となる村。小さな博物館があるが、重要な出土品のほとんどは、アンカラのアナトリア文明博物館に展示されている。

ハットシャシュは紀元前18世紀頃、古代ヒッタイト帝国の首都であったところ。
古代ヒッタイト帝国は、紀元前20世紀頃インド・ヨーロッパ語族の一派が移動してきて、もともとこの地に住んでいたハッテイ人を支配し、史上初めて鉄器を使用する大帝国ヒッタイトを興した。その後、ヒッタイトの王は王城を築きハットゥシャシュを首都とした。推定人口は、9000人~15000人とのこと。

1906年、ドイツの考古学者フーゴー・ウィンクラーによって発見された。その後、発掘調査がおこなわれ、大神殿跡、突撃門や上の街神殿群跡、獅子門などが確認されている。1986年、ユネスコの世界遺産に登録された。

聖地ヤズルカヤ
<1502>

ヒッタイトの廃墟
<1531>


ライオンの門
<1543>

写真は、クリックすると大きく見られます。


日本では考えられない、途方もなく古い歴史・・・

追記に誘導

(動画あり)


そんな昔に都市があり、滅亡した。彼らはアナトリアに移動したとも。

西側の緩やかな丘は人工の城塞が積まれ、都を守っていました。


より大きな地図で トルコ旅行 を表示




積み上げられた石は鉄棒をコネクタにして補強されていた、とも。

圧倒されました。
そして、夢のあと。

夕刻、トルコの首都アンカラに着きました。たくさんの自動車、信号無視の歩行者、歩行者無視の自動車。一瞬「ここは大阪か?」。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

tag : ハトゥシャシュ 世界遺産 トルコ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (7)
孫 (3)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR