軽井沢町 千ヶ滝せせらぎの道 新しい木道

2017-06-19 軽井沢町 千ヶ滝せせらぎの道 新しい木道 40分 晴れ
月曜日、千ヶ滝せせらぎの道を歩きました。駐車場から滝まで往復40分の軽い散策です。
軽井沢では、この所夜雨の降る日がしばしばあり、今日は滝の水量が豊富です。

木々の緑が少し濃くなり、水の音がさわやかです。

数年前の台風で壊れた木道がやっと新しくなっていました。

やっと、せせらぎの道が戻ってきたようで、なんだか嬉しい。

竹のステッキを背なかで保持しながら歩く男性に会いました。「80歳を超えていて、猫背だったのがこのやり方で直った。この道を歩いていた高齢者が教えてくれた」と言います。しばらく立ち話。

駐車場にはバスが止まっていて、練馬区の小学生の集団がやってきました。

ここは人気のある散策路です。

せせらぎ
<6292>

木道から
<6388>


木々の間から滝
<6296>

写真は、クリックすると大きく見られます。


知らなかった野の花を見ました・・・

追記に誘導

(動画あり)

続きを読む

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

tag : 軽井沢町 千ヶ滝 せせらぎの道 木道

軽井沢町 泥川ダム周辺の散策

2017-06-12 軽井沢町 泥川ダム周辺の散策 1時間20分 晴れ
月曜日、tsuruyaに車を置いて、泥川ダム近辺を歩きます。

集落を少し離れただけなのに、畑が広がり、浅間山がきれいです。

畑の隅にアヤメが植えられています。マンネングサの黄色が鮮やかです。

畑の中の道を 木々が茂っている下手に向かっていくと、泥川に流れ込む用水路の水音が聞こえます。

すぐ近くには行けませんが、木々の間から泥川の水が、池のように見えます。

下手のほうに泥川ダムがあり、その先で湯川と合流しています。湯川は佐久市内で千曲川に合流し、千曲川は新潟県内では信濃川と呼ばれるとのこと。一級河川です。

来た時とは異なる道を歩いていくと泥川ダムにたどり着きました。



<6247>

泥川ダム
<6261>


甌穴への道
<6271>

写真は、クリックすると大きく見られます。


烏明神に寄り・・・

追記に誘導

(動画あり)

続きを読む

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

tag : 軽井沢町 泥川ダム

府中市 郷土の森博物館 あじさいまつり

2017-06-07 府中市 郷土の森博物館 あじさいまつり 2時間 曇り
水曜日、府中市の郷土の森博物館を歩き回りました。「あじさいまつり」開催中です。

府中市郷土の森博物館(ふちゅうしきょうどのもりはくぶつかん)は、東京都府中市にある、建築物を中心とした野外博物館である。多摩川の是政緑地(府中市郷土の森公園)に隣接した自然の多い場所にあり、敷地面積は13haを超える。


あじさいまつりは
2017年5月27日(土曜日)~2017年7月2日(日曜日)

アジサイは1万株あるとのこと。

広い敷地内、梅の木の下、ハケを擬した池や小川に沿った道、アジサイの小径など、至る所にアジサイがあります。水音が聞こえます。

今は咲き始め。盛りのころはさぞかしと思います。

足の赴くままに歩いていくと、花がきれいだった白加賀梅の木のまわりに梅の実が落ちています。野梅のにも、八重紅梅にも。潰れた梅の実からよい香りが漂います。

いつも歩く外周ではなく内側の道を行くと、水遊びの池のそばに、恐竜の姿が見えました。子供たちのためもの? そばに平成28年に秋田から寄贈された珪化木がありました。

樹木が原型を変えずに二酸化ケイ素(シリカ)という物質に変化することで、石英や水晶などと同様に固くなり、化石化したもの


川崎平右衛門の像があります。
江戸時代の農政家。宿場の名主を務め、後に抜擢され江戸幕府の旗本となった人物である。通称、平右衛門、辰之助


至る所アジサイ
<6172>

ウメの実
<6212>


恐竜発見
<6230>

写真は、クリックすると大きく見られます。


人が増えてきました・・・

追記に誘導

(動画あり)

続きを読む

テーマ : 関東地方
ジャンル : 地域情報

tag : 府中市 郷土の森博物館 あじさいまつり

北海道 猿払公園 散策

2017-06-03 北海道 猿払公園 散策 30分 曇りのち雨
土曜日、「じっくりめぐる利尻島・礼文島4日間」ツアーの4日目最終日です。泊まったホテルは「ホテルさるふつ」です。道の駅に隣接しています。

5時に部屋の目覚ましアラームが鳴りました。前に泊まった人がセットしていたものと思われます。窓の外を見ると雨が降っていません。

起きて海岸を散策しました。寒いです。

さるふつ公園(道の駅)周辺の海岸には、
ホタテの化石(約4000万年前のホタテの集団化石)
北海道を命名した松浦武四郎の「松浦武四郎宿営の地 史跡表示板」
インディギルカ号慰霊碑
インディギルカ号(ロシア語:Индигиркаインヂギールカ)は、旧ソビエト連邦の貨客船。1939年12月12日の未明、北海道猿払村浜鬼志別沖合で座礁、沈没。

いさりの碑
 猿払村の漁業はかつて、資源枯渇による苦難の時代を経験しました。しかし、漁場造成や孵化・放流・育成事業など、漁業者と村が一体となって資源管理型漁業への転換に力を注ぎ、豊かなオホーツクの漁業を再び取り戻しました。
 猿払の海を拓いた多くの先人の苦労と偉業を偲び、建てられ
たのが「いさりの碑」です。


牧場のそばには、
風雪の塔が建っています

そして、クロユリの花壇がありました。

松浦武四郎
<6130-6131>

ホタテの化石
<6133>


いさりの碑
<6136-6135>

写真は、クリックすると大きく見られます。


ホタテで有名です・・・

追記に誘導

(動画あり)

続きを読む

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 北海道 猿払公園 ホタテ

じっくりめぐる利尻島・礼文島4日間 総括

2017-06-03 じっくりめぐる利尻島礼文島4日間 総括 曇り
礼文島利尻島に行ってきました。5月31日~6月3日、クラブツーリズムのツアーです。

1日目:羽田発10:00~オホーツク紋別空港12:35=(バス)=稚内 ホテル御園 泊
 →北海道 紋別港
 →北海道 宗谷岬
2日目:(フェリー)=礼文島(花めぐり)=(フェリー)=利尻島 利尻富士観光ホテル泊
 →北海道 礼文島
3日目:利尻島(花めぐり)=(フェリー)=稚内=(バス)=猿払村 ホテル猿払 泊
 →北海道 稚内駅
4日目:=バス=オホーツク紋別空港13:20~羽田15:10
 →北海道 猿払公園

寒い(5℃)、風が強い。

2日目、礼文島では快晴で幸運でした。ただし、身の危険を感じるほど風が強く、バランスを崩した女性が足を骨折する事故がありました。

3日目以降は強い雨と風。びしょ濡れで、花を見ようといる意欲がそがれます。カメラが心配で写真を撮るのをやめました。さらに、午後からフェリーが欠航になるということで、バスでさっと巡って、午前中のフェリーで稚内に戻りました。稚内でもバスの車窓から宗谷丘陵を眺めるなど省略した形の観光になりました。大急ぎで用意された弁当は大きなホッケの干物の焼いたものがドンとご飯の上に載っています。とりあえず食べるものは確保。これはこれで面白い。

4日目、東京に戻る日も天気は大荒れ、空港に向かう道、来た時とは異なるオホーツク海の白い波を堪能しました。オホーツク海は普段、穏やかな海だそうです。雨や風が強いと、花を見ようと言う気力がわきません。陽がさして開くキク科の花などしっかりと花びらを閉じています。写真を撮るのはあきらめました。

礼文島ミニハイク
<6024>

礼文アツモリソウ
<6079>


利尻島姫沼
<6103>

写真は、クリックすると大きく見られます。


後半、大荒れの天気でしたが・・・

主たる目的の礼文島が青空だったので、満足しています。また、非常時の添乗員の手配(食事の手配、フェリーターミナルでの誘導など)が際立っていて、嬉しくなりました。

稚内→北海道 稚内駅


体調不良気味だったのに、寒さと風と身の危険を感じたことに由り、ショックですっかり元気になりました。北海道に住めるかも(笑)

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 利尻島 礼文島 稚内 猿払

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

uritoboo

Author:uritoboo
こんにちは!
夏は軽井沢、他の季節は国分寺市に住んでいます。
歩くのが大好き。
雨が降れば、本を読み、パンを焼き、ピアノを弾きます。

FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
駅 (2)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR